人生儀礼というのは、人が生まれてから死ぬまでの間、ある段階ごとに行われる儀式のことです。 

誕生・成人・結婚・厄祓等、段階ごとに神社に詣で、
今までの無事を神様に感謝し、これからも新たなご加護を頂けるようにお祈りします。


着帯祝(安産祈願)
着帯祝(ちゃくたいいわい)
 懐妊5カ月目頃の戌の日に、母子の健康と無事の出産を神様にお祈りし
『御鈴緒(おすずお)』(腹帯)を巻く儀礼です。
 戌の日に行うのは、犬が多産で安産であることにあやかってのことです。
 
 *当宮では毎日 安産祈願の御祈祷を御奉仕しております


お七夜(おしちや)
  命名式(めいめいしき)とも言われます。
 生まれた日から数えて7日目に命名します。
 白紙に清書し神棚や床の間などの高い場所へ貼って、お祝いをします。


初宮詣(お宮参り)
  初宮詣(はつみやもうで)・初宮参り(はつみやまいり)
 男児は生後31日目以降、女児は生後33日目以降
の吉日に初めて神社へお参りする事を言います。
 赤ちゃんの誕生を神様に感謝し、健やかに成長することを祈ります。


お喰初(おくいぞめ)
   生後100日が120日目に赤ちゃんのための食膳(尾頭付きの魚や赤飯、歯固めの石など)を整え、初めてご飯を食べさせるお祝いの儀礼です。
 一生の食の恵みを祈ります。


初誕生(はつたんじょう)
 満1歳の誕生日に初誕生のお祝いをします
 この日は1年間の成長を家族皆で祝福し、さらなる健やかな成長を祈ります。


初節句(はつぜっく)
   生まれてから初めて迎える節句で、男児は5月5日の端午の節句、女児は3月3日の上巳の節句(ひな祭り)を祝います。
 但し初節句が誕生後すぐの場合(一般には21日以内)は翌年に行います。


七五三詣
   3歳は男女とも(髪置)、5歳は男児(袴着)、7歳は女児(帯解)のお祝いとして、乳幼児から子供へのこれまでのご加護に感謝をし、さらなる成長を祈り、神社にお参りします。


成人祝
   20歳になった男女が大人として社会的に認められ祝福をされる成人の日。
 大人への仲間入りを神様へ奉告致します。


厄祓
   人生の節目にあたり、体調不良や災難に遭いやすいといわれるのが厄年です。
 一般に男性が数え25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳と言われます。なかでも男性42歳、女性33歳は大厄といわれ特に注意する必要があります。
 厄による災いが起こる前にお祓いをうけ、心身共に健やかで充実した日々を送れるよう祈ります。

 尚、女性の場合、厄年に子供を授かると厄落としになるともいわれています。


賀寿祝
   歳祝い(としいわい)
数え歳で、61歳還暦・70歳古希・77歳喜寿・80歳傘寿・88歳米寿・90歳卒寿・99歳白寿・100歳上寿のお祝いとなります。
 神様のご加護により長寿を得られた事に感謝をし、一層長生きできるよう願い、家族そろってお祝いします。
 


▲上に戻る


 
Copyright (c)2001 YOKOHAMA SUITENGU All rights reserved.